So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

マリーンズ メジャー555発ラミレス獲り 伊東監督「強い時に補強を」 [野球]

ネタ元はスポニチのWebサイト。

ちょっと前、ベイスターズの『アレックス・ラミレス』選手を採るとか採らないとか…ありましたけど。
これは、粗忽者の記者が『ラミレス』と聞いただけで、『アレックス・ラミレス』選手と思い込み、各紙(報知だけ?)書いてしまった…とのことなのでしょうか。
それにしても「強い時に補強を」というところがまったくいっしょではないですか。


記事は…

首位に立つロッテだが本塁打数はリーグ5位の41本と大砲不在は明らか。「メジャーのようにチームが強い時に補強をしたい」と指揮官はDHを任せられる強打者を補強ポイントに挙げている。ラミレスは、今季からプレーする台湾リーグで49試合に出場し、打率・352、リーグ2位の8本塁打をマークしており、実力は申し分ない。

…とのことですが…移転以降、大砲不在は慢性的。
いつでも4番指名打者募集中のような気が…。
これは、マリンスタジアムの持つホームランが出ない!という特性のような気がしますが。


個人的には、大記録を残した元メジャーリーガーを運賃、飲食費そして入場料込で5000円ぐらいで見られる…というのはうれしい限り。
実現したらうれしいな。

もちろん、『アレックス・ラミレス』選手だって来てくれたら応援しますよ!

開幕戦はサヨナラ勝ち! [野球]

今年も開幕しました!
バファローズ戦です。

92年の開幕戦以来、ホームで開幕を迎えるときは必ず観戦していたのに…途切れてしまいました。
まあ、
・そこそこ強くなって開幕権を持つ機会が多くなった。
・土曜日開幕からパセ同時金曜開幕になった。
というわけで、そのうち途切れると思っていましたが…残念です。

さて、試合ですが…。

1対1で延長戦となり12回表、先頭打者の安打をキッカケに勝ち越されます。
しかしその裏、押し出しと犠飛で2点をとって、3x-2で勝利!
NHK-BSで中継があったにもかかわらず!

3点は、犠飛で2点、押し出し四球で1点でタイムリーなし。
タイムリーなしはともかくとして、きっちり犠飛で点数を取れるようになったのは喜ばしいことです。
そして、同点に追いつく押し出し四球。
土壇場で冷静に四球を選べるようになったのはすごいことではないでしょうか。

この調子が続けば、今年は久しぶりに秋口大騒ぎかも…?

タグ:マリーンズ

日本、プエルトリコに敗れ準決勝敗退【WBC(野球)】 [野球]

日本代表はプエルトリコ代表に1対3で敗れ、準決勝敗退となりました。
仕事があるので中継を見ていませんでしたが…残念です。
Webの書き込みなんかを見ると、皆様の無念さが伝わってきます。

しかし…
『ダブルスチールを行なってもいい』サインってなんなんでしょう。
2塁ランナーと1塁ランナーの呼吸が合わなかったらどうするんですか?

そして…
なぜか、本多選手を使わない…。

選手は全力でやってくれたと思いますが、チームとして本当に最大限の力を発揮できたのでしょうか?
専門家のコラムを待ちたいと思います。

オランダ、再びキューバを破る!!【WBC(野球)】 [野球]

千葉ロッテマリーンズのヘンスリー・ミューレン監督率いるオランダが、準決勝進出を賭けたキューバ戦で、7x-6のサヨナラ勝ち!準決勝進出を決めました!

2点取った直後のイニングに2点取られるというのを3回(オランダ:2回、キューバ:1回)やった後、9回裏にサヨナラ犠飛で勝利しました。
日本にコールド負け惨敗の影響はなかったようです。

それにしても、キューバがここで終わってしまうのは残念です。

日本、オランダを破り準決勝へ!!【WBC(野球)】 [野球]

日本代表が元千葉ロッテマリーンズのヘンスリー・ミューレン監督率いるオランダに16-4(七回コールド)で勝利、準決勝進出が決まりました。

本塁打6本、毎回得点、先発全員安打…と文句ない攻撃でした。

ただ…6回に登板した内海投手が乱調。
6回終了時点で8点差となり、今日は早く帰れると思っていた方々はイライラしたのではないでしょうか。

日本、台湾を破り、次戦はオランダと対戦!!【WBC(野球)】 [野球]

日本代表が台湾に4-3で逆転勝利、次戦は元千葉ロッテマリーンズのヘンスリー・ミューレン監督率いるオランダと対戦します。

後半…からテレビ観戦してましたが、7回のチャンスに角中選手に代えて長野選手が出てきたのはガックリ。
さらに三振されて、もっとガックリでした。
あと、本多選手の無駄遣い…。

結果、勝ってよかったですけど…。

それにしても井端選手大活躍でしたね。
昔の、ホームでしか活躍できなかったドラゴンズの選手達とは隔世の感があります。


そして今朝見つけたWebでの記事、韓国・中央日報日本語版から…
----------------
これまで日本-台湾戦はアジアでも関心を引く興行カードではなかった。しかし台湾が歴代最強戦力をそろえた一方、逆に日本は戦力が落ちたという評価を受けている。さらに両国は領有権問題で武力衝突直前の状態にあり、緊張感が漂っている。
----------------
ちゃんと取材していますか?あなた方と同じ考え方を世界中がしていると思ってはいけませんよ…と思いました。



そして、

D組のヴァル・パスクチ選手を欠いているイタリアは、2戦目のカナダ戦、14-4でコールド勝ち。
2勝目を挙げました。
この試合、ダン・セラフィニ投手は2失点した模様。

オランダ、キューバを破る!!【WBC(野球)】 [野球]

千葉ロッテマリーンズのヘンスリー・ミューレン監督率いるオランダが2次ラウンド初戦でキューバを6-2で破りました!

大会は、出場各国気合が違いますね!
前回大会までは、気合が入っていたのは日本、韓国、キューバ…ぐらいだったのでは?

今大会は、ホントに勝ち上がるのが大変そうです。

そして、

D組では、今大会、ヴァル・パスクチ選手を欠いているイタリアが初戦を取りました。
メキシコに6-5の逆転勝ち!)
この試合、ダン・セラフィニ投手の登板は無かったようです。

明日から2次ラウンド【WBC(野球)】 [野球]

実は、日本の1次ラウンド突破は確実と思っていたので、A組は全く注意していなかったのですが…。

いろいろWeb記事のコメントを見ると、山本浩二監督への批判が多いようです。
日本の試合を1回も観戦していないので、こちらでは何も言えないのですが、なんでも北京五輪の二の舞になりそうだとか。

北京五輪での監督もそうだったけれど、あの世代は…特に『セ』出身の監督は、どうしても選手選考が現在の実力・調子よりも過去の実績に偏る感じがします。

やっぱり、
山本浩二…(誤)
山本功児…(正)
だったのでは…?

元巨人?肝心なのは最終学歴ではないかと思うんですが…

オランダ、2次ラウンド進出決定!【WBC(野球)】 [野球]

3月5日、WBC B組で、元千葉ロッテマリーンズのヘンスリー・ミューレン監督率いるオランダオーストラリアを下して2次ラウンド進出を決めました。
機会があれば、東京ドームにピンユニを着て応援に行きたいものです。


勝利が確定したすぐ後のWeb記事では、
『オランダ、豪州を下し、2次ラウンド進出決定!』
と、
『オランダ、豪州を下し、2次ラウンド進出へ前進!』
の2パターンありましたけど…。

おかげさまで、自分で計算することになり…オランダが2次ラウンドへ行くことを確認しました。

それにしても、オーストラリア…ちょっと弱かったですね。

オランダ、韓国を破る【WBC(野球)】 [野球]

3月2日の夜は仕事だったので、朝起きてこの報に接しました。

1次ラウンドB組で、オランダ韓国を5-0で破る!

オランダといってもカリブ海のオランダ領アンティル出身者で構成されていたり…。
オリンピックでキューバに初黒星を付けたのがオランダだったり…。

野球が盛んではないヨーロッパの代表といっても、弱いチームではないんですよね。

そして監督は、
千葉ロッテマリーンズのヘンスリー・ミューレン(ヘンズリー・ミューレンス)氏

今後…面白いことになりそうですね。

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。